Dear Prudence

哲学専修B4 間違いがあればご指摘いただけると幸いです。

Sutherland. 2004.「カント批判哲学における量の役割」

  • Sutherland, Daniel. 2004. “The Role of Magnitude in Kant’s Critical Philosophy,” Canadian Journal of Philosophy 34, pp. 411-442.

Williams. 2018. 「悟性と感性の根源的総合についてのカントの見解」 Indregard. 2017. 「カントにおける自己触発と純粋直観」

  • Williams, Jessica J. 2018. "Kant on the original synthesis of understanding and sensibility," British Journal for the History of Philosophy, 26:1, 66-86.
  • Indregard, Jonas J. 2017. "Self-Affection and Pure Intuition in Kant," Australasian Journal of Philosophy, 95:4, 627-643.

Valaris. 2008.「カント『純粋理性批判』における内官,自己触発,時間的意識」

  • ・Valaris, Markos. 2008. "Inner Sense, Self-Affection and Temporal Consciousness in Kant's Critique of Pure Reason," in Philosophers' Imprint, vol. 8, 1-18.

石川文康. 1994.「カント解釈における遡源志向――ドイツにおけるカント研究の現状」他

  • 久呉高之. 2014.「カント自己触発論における『私の現存在の規定』――内的経験への問い」『日本カント研究 15』所収,日本カント協会,86-100頁.
  • 石川文康. 1994.「カント解釈における遡源志向――ドイツにおけるカント研究の現状」『カント――現代思想としての批判哲学』所収,情況出版,285-295頁.
  • 門脇俊介. 1994.「論文を書くとはどのようなことか」「論文の作法」『知の技法』所収,小林康夫船曳建夫編,東京大学出版会,213-33頁.
  • 時田伊津子. 2016. 『どんどん話せるドイツ語 作文トレーニング』三修社.

Messina(2014)「空間の統一と統覚の総合的統一についてのカントの見解」(1)他

  • Messina, James. 2014. "Kant on the Unity of Space and the Synthetic Unity of Apperception," in Kant-Studien 105(1): 5-40.[未了]
  • 香西秀信. 1995.『反論の技術――その意義と訓練方法――』明治図書出版株式会社.